新着記事

News

| 不動産買取で空き家を売却するときの流れ|査定から引き渡しまで |

コラム

■空き家売却の方法とは?|仲介と不動産買取

 

仲介とは不動産会社が買主と売主の間に入って売却を進める方法になります。

不動産会社はあくまで売却におけるサポートであり、売買契約の当事者は買主と売主です。

対して不動産買取は不動産会社が売買契約の当事者になるのです。

 

不動産買取とは不動産会社が空き家を買取する方法になります。

売主は空き家の所有者や相続人になり、買主は不動産会社になるのです。

買主が別にいて不動産会社が空き家売却のサポートをするのが仲介で、不動産会社が買主として空き家を買うのが不動産買取になります。

 

仲介と不動産買取のどちらを使っても、最終的に空き家を売却できるという点では変わりません。

しかしながら、空き家売却において仲介と不動産買取は特徴面で異なっているのです。

仲介は買主を探す方法なので、買い手が見つからないと契約を結べません。

空き家が古い場合や設備にトラブルに抱えている場合などは売却が難しいケースがあります。

対して不動産買取は不動産のプロである不動産会社が買主になるため、仲介では売却が難しい古い空き家や難ありの空き家も買い取ってもらえます。

不動産買取の方がより売却の範囲が広いのです。

 

不動産会社が空き家の買主になるという点で、買取の方が売却金の入金まで早いという特徴の違いもあります。

この他に仲介と不動産買取では空き家売却時の流れも異なるのです。

 

■査定から引き渡しまで空き家を不動産買取するときの流れ

 

空き家を不動産買取で売却するときは不動産会社に相談し、まずは買取査定を行うことになります。

買取査定には資料から査定額を判断する机上査定と、空き家を確認して査定する現地査定の2種類があります。

より詳細な査定額を出せるのは現地査定です。

 

査定後は以下の流れで空き家の不動産買取が進みます。

 

・査定額を確認する

・不動産買取契約を結ぶ

・空き家を引き渡し売却金を受け取る

 

不動産買取は不動産会社が空き家の買主になるため、査定後の流れの中で買主探しをするステップがありません。

仲介の場合は査定の後に買主を探し、買主候補との空き家価格の交渉や内覧などの流れがあります。

不動産買取では買主は相談先の不動産会社になるわけですから、仲介のような査定後の買主探しは必要ないのです。

最終的に空き家を売却するという点では不動産買取と仲介は同じですが、買主が違うために査定後の流れが違ってきます。

 

■最後に

 

空き家の売却には仲介と不動産買取のふたつの方法があります。

仲介と不動産買取は買主が異なるため査定後の手続きの流れも変わってくるのです。

あらかじめ手続きの流れや注意点を不動産会社に確認しておくといいでしょう。

疑問点があれば合わせて確認しておいた方が売却完了までスムーズです。

 

空き家の不動産買取はアレスホームにお任せください。

 

無料査定依頼お問い合わせ はこちらから!

札幌市北区・西区で不動産のお悩みなら、
お気軽にご相談ください。

札幌市北区・西区で不動産のお悩みなら、
お気軽にご相談ください。