新着記事

News

| 札幌市で住宅ローン返済が苦しいときは不動産売却で解決! |

コラム

■住宅ローンの仕組みと返済計画

札幌市の家を住宅ローンで購入した場合は返済方法や返済期間などを考えて返済計画を立てることになります。

札幌市の家を住宅ローンで買ったときの返済方法は主にふたつあり、返済期間はある程度柔軟に選べるようになっています。

・札幌市の家を住宅ローンで購入したときの返済方法

札幌市の家を買ったときの住宅ローンには「元利均等返済」と「元金均等返済」のふたつの方法があります。

元利均等返済は毎月の支払い額が一定になる返済方法です。

元金均等返済は支払いを続けると支払い額が減る返済方法になります。

・住宅ローン返済が苦しいとならないようにボーナス払いもできる

住宅ローンではボーナスを返済に使うボーナス払いなども利用可能です。

収入の状況に合わせて返済方法や返済金額を柔軟に決められます。

・札幌市の家を住宅ローンで購入したときの返済期間

札幌市に家を買ったときの返済期間は最長35年が一般的です。

ただ、金融機関によっては最長45年や50年など、長く設定できるケースもあります。

■住宅ローンが残っている際の不動産売却

住宅ローン返済は1年や2年で終わるものではありません。

10年以上の長期間、少しずつ返済するというケースが少なくありません。

だからこそ、借りたときとは事情が変わってしまい、住宅ローン返済が苦しい事態に陥ることがあるのです。

札幌市の住宅ローンが残っている家の返済が苦しい場合は不動産売却で対処できる可能性があります。

しかし、住宅ローン返済が苦しい場合でも、通常の不動産売却で解決することは基本的にできません。

なぜなら、札幌市の家は住宅ローン返済の担保になっているからです。

住宅ローン返済が苦しいときは、任意売却を使って住宅ローン返済が苦しい状況の打開を目指します。

任意売却は不動産売却の一種です。

住宅ローン返済の債権者に苦しい状況を訴えて協力してもらい、札幌市の家を売却して、売却金で住宅ローンを清算する不動産売却方法になります。

■最後に

札幌市の家の住宅ローン返済が苦しい状況は不動産売却(任意売却)で解決できる可能性があります。

ただし、任意売却はすべての不動産会社が実施しているわけではありません。

実施している不動産会社でも、住宅ローン返済が苦しい状況での売却経験が乏しいケースもあります。

売却により住宅ローン返済を解決する方法は債権者の協力を得るなど交渉力や専門知識を必要とする売却です。

不動産売却に通じ、さらに住宅ローンの知識も持っている専門的な不動産会社に相談しなければ失敗する可能性もあります。

住宅ローン返済が苦しいなら、まずはアレスホームへご相談ください。

当社はさまざまな不動産売却に通じています。

苦しい状況を解決するためにも、一緒に打開策を考えましょう。

無料査定依頼お問い合わせ はこちらから!

札幌市北区・西区で不動産のお悩みなら、
お気軽にご相談ください。

札幌市北区・西区で不動産のお悩みなら、
お気軽にご相談ください。