賃貸物件の売却・管理

賃貸物件の売却・管理

To rental owner

空室や入居者トラブル、煩雑な管理、キャッシュフローの悪化など、
さまざまなお悩みを持つ賃貸物件のオーナー様は少なくありません。
そして「いっそ売却してしまおうか……」、「売却するか継続するか、どちらがよいのか」
と悩まれているオーナー様も少なくないでしょう。

札幌市北区・西区を中心に不動産売却・買取を行う「アレスホーム」では、賃貸物件の売却や管理のご相談も承っております。オーナー様のご希望や経営状況をお伺いした上で最善のプランをご提案することができます。賃貸経営にお悩みのオーナー様はぜひ一度お問い合わせください。

賃貸物件の売却について

・別の物件を購入するための費用にしたい
・空室が埋まらず、一向に収入が上がらず今後も上がる見込みが少ない
・赤字続きでいっそのこと売却しようか悩んでいる
・修繕費用が予想以上に出てしまい収入が増えていかない

上記のようなご状況のオーナー様は、一度賃貸経営を始めた頃を振り返ってみて収支状況を今一度ご確認してみてください。支出が多く賃貸経営が困難だったり、圧迫しているのであれば売却を検討する必要があるかもしれません。

賃貸物件の売却は、一つの手段です。物件を売却すべきか、賃貸経営を続けるべきか。判断に迷う場合は一度当社までご相談ください。オーナー様のご希望や経営状況をお伺いした上で総合的に考えてもっともよい解決策をご提案させていただきます。

賃貸物件を売りに出す2つの方法

賃貸中のまま売却「オーナーチェンジ」

賃貸物件を売りに出す際に、主な売却方法は「オーナーチェンジ」です。買主は自分が住むのではなく投資用物件として購入します。すでに入居者のいる賃貸物件を購入するため、購入した直後から賃料が得られるというメリットがあります。

その他の売却方法

お持ちの賃貸物件の空室状況によりますが、入居している部屋が1部屋もなく、すべて空室の場合などは、解体工事を行い住宅用地やアパート用地などとして、売却するという選択肢もございます。

投資用物件
(賃貸中のまま売却)
居住用物件
(土地にして売却)
査定方法 収益還元法 取引事例比較法
査定方法の概要 物件が将来生み出す収益予測に基づき、売却価格を決定する方法です。高い賃料で借主が見つかる物件は高く評価されますが、低い賃料しかとれない物件は評価が下がります。 近隣の過去の取引価格をもとに、物件の立地や設備、周辺環境などを総合的に判断した上で売却価格を決定する方法です。

売却に適したタイミングとは?

不動産の市場動向を見極めるのは、非常に難しいものです。なぜなら地価や不動産価値は日々小刻みに変動していき、後々になって全体の変動を振り返った時に、値の上がり下がりを確認することができるからです。とはいえ、不動産市場の適切な情報を得て精度の高い予測を立てていくことで、売り時を見極めることはできます。

○5年後、10年後、物件周囲の環境がどのように変化していくか予測しましょう。開発途上のエリアなら、将来的に不動産価値が上昇する可能性があります。

○直近で周辺の物件が売りに出ていたり、成約実績がある場合などはご自身の所有されている不動産と照らし合わせてみて売却の検討をしてみてもよいでしょう。

無料査定依頼お問い合わせ はこちらから!

札幌市北区・西区で不動産のお悩みなら、
お気軽にご相談ください。

札幌市北区・西区で不動産のお悩みなら、
お気軽にご相談ください。